«企業の重要資産である「データ」をどう守ればいいのか»ラック代表西本が登壇 ITmedia Security Week 2023 春

自社全体、サプライチェーン構成企業全体をどう守るか

サイバーセキュリティの新たな視点と、確認すべき対策ポイント

ハイブリッド/リモートワークが一部企業に浸透するなど、ここ数年でビジネスのデジタル化が大幅に進みました。一方で、サイバー攻撃は年々高度化し、アプリケーション、企業組織、サプライチェーンなどの»弱い部分»が狙われる傾向が一層高まっています。これに伴い、セキュリティ対策の在り方も従来のアプローチだけでは不十分になりつつあります。

ITmedia Security Week 2023 春では、そうした現実と企業の実際を見据え、対策を採る上で「今持つべき視点」を解説。さらに「企業各社の実際」に即した実効力ある対策群を詳説します。

プログラム

Day1:2月27日|基調講演1-2 15:10 – 15:50

企業の重要資産である「データ」をどう守ればいいのか

ランサムウェアが経営に与える本当の被害

株式会社ラック

代表取締役社長

西本 逸郎

日本国内においてもランサムウェアによる被害が相次いで報告されています。単なる暗号化に留まらず、顧客情報漏えいの脅迫を伴う多重脅迫型も増えており、そのリスクは極めて高くなっています。仮に脅迫に応じて身代金を支払ったところでデータの整合性という視点からリスクは残り、攻撃を受けた企業は事業の継続性が困難になる事態に向き合わなければなりません。その影響も顧客を含むサプライチェーン全体に波及してしまうでしょう。もしあなたの会社が今、ランサムウェアの被害を受けたらどうしますか?

開催日時
開催日時
2023年2月27日(月)~ 3月6日(月)

形式
ライブ配信セミナー

参加費
無料

申込期限
2023年3月6日(月)14:00まで

対象
経営者、経営企画の方、社内情報システムの運用・方針策定をする立場の方、企業情報システム部門の企画担当者、運用管理者、SIerなど

主催
@IT、ITmedia エンタープライズ、ITmedia エグゼクティブ

Deja un comentario

Tu dirección de correo electrónico no será publicada. Los campos obligatorios están marcados con *

Generated by Feedzy